S,R,Tどれを選べば良い?ビーバーエアコンの性能をシリーズ別に紹介

エアコンの種類が多くどれを購入したら良いのか分からないと感じる方は多いと思います。
ビーバーエアコンはS,R,T,SKの4タイプに分かれていますので、それぞれの特長を比較していきます。

 

省エネモデルのSシリーズ

エアコンの使用頻度が高い方は、ビーバーエアコンの中で最も省エネ性が高い高機能のSシリーズがおすすめです。


SシリーズはスタンダードモデルのTシリーズに比べ、年間の電気代を最大1万4千円程度抑えることができます。※1


つまりおよそ5~7年で元が取れる計算です。
ルームエアコンは10年程度で買い替えを検討する方が多いため、長期的にみると最もお得にエアコンを使用できる可能性が高いです。

※1  主に18畳用SRK562352とSRK5623T2との比較。期間消費電力量×1kWh/31円換算。

 

フィルター自動清掃付きエアコンが欲しい方はRシリーズ

機能としてフィルター自動清掃は欲しい・・!という方におすすめなのがRシリーズ。


省エネ性はSシリーズに劣るものの、機能性は充実しています。自動清掃以外にも加湿器連動運転・バイオクリア運転・おまかせ気流運転など多彩な機能で快適空間をお届けできるモデルです。

 

基本機能のみ備えたTシリーズ

ビーバーエアコンのスタンダードモデルであるTシリーズ。


3シリーズの中で最もお求めやすい価格ですが、基本性能は充実しており、標準モデルでもルーバーが左右に自動スイングするため簡単に風向調節することが可能です。


さらにおすすめのポイントが、R,Tシリーズともに本体高さが僅か250㎜であることです。マンションの下がり天井等、諦めていた場所にも設置できるコンパクトボディが特徴です。

 

寒冷地向け(暖房強化型)はSKシリーズ

北海道・東北地域など寒い地域にお住まいの方や、エアコンの暖房機能を重視する方におすすめなのはSKシリーズ(暖ガンビーバー)です。


従来のエアコンは霜降り運転ごとに室内温度が4~5度下がってしまいますが、暖ガンビーバーはノンストップで暖房運転を実施することが可能です。

今年の冬は安心安全・手間いらずの暖ガンビーバーで乗り越えてみてはいかがでしょうか。

 

番外編 アウトレットモデルでお得な買い物を

アウトレットモデルもおすすめです。新品未開封の旧型製品がかなりお買い得に購入できます。

ルームエアコン アウトレットモデル

まとめ

ビーバーエアコンの4シリーズとその特徴について記載しました。4シリーズの中から暮らしに合わせた最適なエアコンを選んでみてください。